FX攻略ブログ・取引ノート87(初心者編)

FX攻略ブログ取引ノート87

なだらかな下降トレンドが、継続するかレンジを介して、戻りになるかを確認する局面。
結果はサポートラインCからの大幅な反発になった。
ロンドン市場の開始から上昇、NY市場の開始からは押し目を作ってから上昇する動きとなった。

エントリー条件

取引①
直前の価格帯を下に抜けたところでエントリー。ラインBの下抜けを利用。
反発にあってロスカット。

取引②
直前のネックラインを上に抜けない、価格が上から切り替えしてきたところでエントリー。
ほとんど伸びなかったので処分。

取引③
直前の価格帯を下に抜けたところでエントリー。ラインBの下抜けを利用。
ラインb近辺でもみ合ったので決済。

取引④
ラインBの上抜けを利用してエントリー。
↑のある価格が上から切り替えしてきたところでエントリーするつもりだったが、
価格の上昇スピードが速く、もたついているうちにこの箇所のエントリーになった。

取引⑤
直前の価格帯を下に抜けたところでエントリー。ラインaからの下抜けを利用。
ほとんど伸びなかったので処分。

※この後の上昇は、スビードが早すぎて入るのにためらってしまった。
 1分ぐらいでローソク足の終値まできていた

取引⑥
直前の価格帯を下に抜けたところでエントリー。買い疲れを考慮した。
あまり伸びなかったので決済。

取引⑦
価格がズルズルと下げていたのを見てエントリー。
いきなり吊り上げられてロスカット。


この日は終始、上げに転じた。売りエントリーが入れる箇所は、ほとんどなかった。
ラインaのレンジ上限が、この日の決着ライン、押し目が大きく入った。

トレード成果

 
① 10:38~10:54    -9pips
② 11:13~12:19    -1pips
③ 15:25~16:38   +13pips
④ 18:46~19:34    +9pips
⑤ 19:43~21:18    -1pips
⑥ 22:16~23:29    +2pips
⑦ 00:05~00:09   -13pips

空白

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 為替ブログ

空白バー

FX初心者・ブログランキング


DMM.com紹介   GMOくりっく証券紹介   外為ジャパン紹介

トレード関連ページ

→FXの取引時間帯
→経済指標
→エントリーポイント例
→波のペースを確認する
→ダウ理論とエントリー例
→MTF分析・活用例


→グランビルの法則
→ダウ理論
→エリオット波動
→フィボナッチ係数
→マルチタイムフレーム
→移動平均線分析
→ボリンジャーバンド分析
→MACD分析
→サポートライン
→レジスタンスライン
→ネックライン
→切り上げ・切り下げライン
→FX相場の用語集
→FX注文形式と使い方
→FXブログ・カテゴリーリスト


相場コンテンツ


FXチャート入門 FXチャート入門

FXの波の法則重要な波の法則

FX・テクニカル分析テクニカル分析

FX・ライン分析ライントレード

FX・資金管理資金管理(FX)

FX・取引ルール取引ルール

FX取引の検証トレードの検証

FX相場環境分析
相場環境分析

FX戦略と戦術戦略と戦術

FXのチャート例FX・チャート例

FX取引ノート例取引ノート実例集

FXの問題集FX問題集

ページの上に戻る