FX攻略ブログ・取引ノート86(初心者編)

FX攻略ブログ取引ノート86

下降トレンドが継続するか、いったんレンジ相場になるかを確認する局面。
結果は、下降トレンド継続となった。
ロンドン市場の開始前後に戻り売りの上昇→下落、NY市場の開始は追従して下落する動きとなった。

エントリー条件

取引A
直前のネックラインを上に抜けたところでエントリー。下に抜けずロスカット。

取引B
直前のネックラインを上に抜けたところでエントリー。急騰にあってロスカット。

取引C
価格がライン③から下に動いたところでエントリー。
下抜けを狙ったが抜けず。下を2回トライしたダメなところで決済でよかった。
ある程度取れていただけにもったいない取引・・

取引D
価格がライン③から上に抜けたところでエントリー。
大きく戻されてロスカット。

取引E
直前の価格帯を下に抜けたところでエントリー。
ライン③からの反落を利用。が上に行ってしまった。ロスカット。

取引F
ライン②からの反落を利用してエントリー。

取引G
ライン④からの反落と下降トレンドを利用してエントリー。

取引H
直前の価格帯を下に抜けたところでエントリー。
ライン⑤からの反落を利用。が取引Fから随分下げてしまったので、これから先はほとんど下がらなかった。


取引A~C、下に抜けそうで全然抜けない、実にいやらしい相場。
ボラティリティや勢いがない東京市場は、取引に適さない時が多い。

なお、この日の決着ラインは、ライン③。価格が上ならサポート、下からレジスタンスとして機能している。

トレード成果

 
A 12:44~13:46    -2pips
B 14:55~15:37   -11pips
C 16:26~18:04    +3pips
D 18:10~18:31    -4pips
E 18:52~19:35   -12pips
F 20:16~00:19   +70pips
G 00:38~01:01   +13pips
H 01:12~01:43    -1pips

空白

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 為替ブログ

空白バー

FX初心者・ブログランキング


DMM.com紹介   GMOくりっく証券紹介   外為ジャパン紹介

トレード関連ページ

→FXの取引時間帯
→経済指標
→エントリーポイント例
→波のペースを確認する
→ダウ理論とエントリー例
→MTF分析・活用例


→グランビルの法則
→ダウ理論
→エリオット波動
→フィボナッチ係数
→マルチタイムフレーム
→移動平均線分析
→ボリンジャーバンド分析
→MACD分析
→サポートライン
→レジスタンスライン
→ネックライン
→切り上げ・切り下げライン
→FX相場の用語集
→FX注文形式と使い方
→FXブログ・カテゴリーリスト


相場コンテンツ


FXチャート入門 FXチャート入門

FXの波の法則重要な波の法則

FX・テクニカル分析テクニカル分析

FX・ライン分析ライントレード

FX・資金管理資金管理(FX)

FX・取引ルール取引ルール

FX取引の検証トレードの検証

FX相場環境分析
相場環境分析

FX戦略と戦術戦略と戦術

FXのチャート例FX・チャート例

FX取引ノート例取引ノート実例集

FXの問題集FX問題集

ページの上に戻る