FX・マルチタイムフレーム問題集08(経過確認)

マルチタイムフレームMFT08B

【問題8 経過確認】
先ほどラインを引いたチャートはどのように動いたでしょうか?では、ここから続きです。

設定ライン例

A:4時間足の前回の高値圏
B:1時間足のダウ理論の直前の山頂
C:1時間足のダウ理論の直前の谷
①:15分足のレンジ相場の上限

プライス・アクション[上昇パターン]

1-1.
価格が、1時間足の赤いライン①を上に抜けてきたら買いエントリー。
価格の到達目標はラインA、ロスカットはライン①の下あたり。
1-2.
価格がラインAのレジスタンスを上に抜けたら買いエントリー。ロスカットはラインAの下あたり。
この買いエントリーが成功した場合、様子を伺いながら、勢いが弱まったら、いったん決済してもOK
1-3.
上昇した価格が、ラインAのレジスタンス近辺から下に反落したら売りエントリー、
第1目標は現在の値段付近、第2目標はラインB。ロスカットは反落をしたところの上。

プライス・アクション[下降パターン]

2-1.
価格がライン①から下に動いた場合はしばらく様子見。
本来ならラインBを目標に売りエントリーですが、相場はパーフェクトオーダー状態の上昇トレンド。
そこまでは下げきらないと思われる。また下げても、すぐに反発してくる事が予想され、取れるpipsも限られている。
ここからの売りエントリーは難しい取引になると思われます。
2-2.
価格が15分足チャートのWボトムの谷を下に抜けたら、売りエントリー
第1目標はラインB、第2目標はラインBの下にあるダウ理論の谷あたり、ロスカットは反落したところの上。

その後の相場の動き

マルチタイムフレームMFT08C

その後は、ライン①をタッチ後、いったんラインBまで下がってから上昇、ラインAをタッチ後、再度、下落。
ラインBを抜けて行きました。今後は大きな時間足で押し目を作る局面かもしれません。

上記のストーリーでは、
2-1.価格がライン①から下に動いた場合はしばらく様子見。
 ↓
1-1.1時間足の赤いライン①を上に抜けてきたら買いエントリー。
 ↓
1-3.ラインAのレジスタンス近辺から下に反落したら売りエントリー。
が機能しました。

15分足チャートを見ると、ライン①がレジスタンスとサポート、
ラインBがサポートとして機能したことが分かります。


下落した価格がラインBのサポートから反発して、ライン①、ラインAまで戻るストーリーを考えていなかったは
考慮不足でした。

 → 設問のページに戻る →

空白

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 為替ブログ

空白バー

FX初心者・ブログランキング


DMM.com紹介   GMOくりっく証券紹介   外為ジャパン紹介

トレード関連ページ

→FXの取引時間帯
→経済指標
→エントリーポイント例
→波のペースを確認する
→ダウ理論とエントリー例
→MTF分析・活用例


→グランビルの法則
→ダウ理論
→エリオット波動
→フィボナッチ係数
→マルチタイムフレーム
→移動平均線分析
→ボリンジャーバンド分析
→MACD分析
→サポートライン
→レジスタンスライン
→ネックライン
→切り上げ・切り下げライン
→FX相場の用語集
→FX注文形式と使い方
→FXブログ・カテゴリーリスト


相場コンテンツ


FXチャート入門 FXチャート入門

FXの波の法則重要な波の法則

FX・テクニカル分析テクニカル分析

FX・ライン分析ライントレード

FX・資金管理資金管理(FX)

FX・取引ルール取引ルール

FX取引の検証トレードの検証

FX相場環境分析
相場環境分析

FX戦略と戦術戦略と戦術

FXのチャート例FX・チャート例

FX取引ノート例取引ノート実例集

FXの問題集FX問題集

ページの上に戻る