下降トレンド・戻り売り ペナント・フラッグ① 4H足

下落チャート・反発1

FXのチャート分析の資料です。ユーロ円・4時間足の過去の下降トレンドで
ペナント・フラッグの代表例を掲載しています。
下降トレンドの途中には、急遽、買い戻し注文が集まり、トレンドに逆行した流れが
発生したり、トレンド逆行せずとも三角持ち合いのレンジ相場を形成する場合があります。
この時に作成されるチャートはペナントやフラッグと呼ばれます。


チャート図のラインは、
青ライン:短期移動平均線(8期間)、赤ライン:中期移動平均線(20期間)、
灰色ライン(47期間)、ピンク破線(日足の移動平均線8期間)、
オレンジ色の破線(日足の移動平均線20期間)となります。


下落チャート・反発2

チャートの真ん中あたりに下降トレンドの途中にフラッグ(トレンドに逆行した部分)
があります。


下落チャート・反発3

上記のチャート同様ですが、チャートの真ん中あたりに下降トレンドの途中に
フラッグ(トレンドに微妙に逆行した部分)があります。
灰色線(4時間の長期移動平均線)に押されて下げています。


下落チャート・反発4

チャートの真ん中あたりに下降トレンドの途中に、かなり大きなフラッグ
(トレンドに微妙に逆行した部分)があります。
灰色線(4時間の長期移動平均線)に押されて下げています。


下落チャート・反発5

ほぼ、チャートの全体にかなり長いフラッグ(トレンドに逆行している部分)
があります。フラッグの終了は日足の移動平均線に押されて下げている部分です。


下落チャート・反発6

上記と同じようなチャートです。下降トレンドのフラッグ、ペナントは、価格が急落した後に
作成されやすい特色があります。


下落チャート・反発7

下降トレンドの途中に、大きなペナントやフラッグが出来ています。
(トレンドに大きく逆行している部分です)。下げトレンドでも難しい相場です。


下落チャート・反発8

上記のチャートと同様に、下降トレンドの途中に、大きなペナントやフラッグが
出来ています(下から鋭く戻ってきている部分です)。
角度がきつく、ボラティリティが高く難しい相場です。

上昇トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》上昇トレンドの起点チャート
1.反発チャート①
2.反発チャート②
3.反発チャート③
4.水平からの反発①
5.水平からの反発②
6.急反発チャート①


》》上昇トレンドの押し目チャート
1.押し目チャート①
2.押し目チャート②
3.押し目チャート③
4.押し目チャート④
5.ペナント・フラッグチャート
6.トレンドライン活用チャート
7.押し目・レンジチャート

下降トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》下降トレンドの起点チャート
1.反落チャート①
2.反落チャート②
3.レンジブレイク①
4.レンジブレイク②
5.急落チャート


》》下降トレンドの戻り売りチャート
1.戻り売りチャート①
2.戻り売りチャート②
3.上位足からの継承チャート①
4.上位足からの継承チャート②
5.ペナント・フラッグチャート


空白 bar

ページの上に戻る