下降トレンドの起点・反落チャート② 4H足

下落チャート・反発1

FXのチャート分析の資料、ユーロ円・4時間足の過去の下落パターンチャートを掲載。
下降トレンドの起点の代表的なチャート集その2です。
チャート図のラインは、
青ライン:短期移動平均線(8期間)、赤ライン:中期移動平均線(20期間)、
灰色ライン(47期間)、ピンク破線(日足の移動平均線8期間)、
オレンジ色の破線(日足の移動平均線20期間)となります。


下落チャート・反発2

ダブルトップのチャート形成後に青ライン(短期移動平均線)と赤ライン(中期移動平均線)が
下向きになった時点でトレンド決定。


下落チャート・反発3

上位足の日足の下降トレンドの流れを引き継ぎ、青ライン(短期移動平均線)と赤ライン
(中期移動平均線)が下向きになった時点で下降トレンドとなった例。


下落チャート・反発4

逆三尊のチャート形成して、青ライン(短期移動平均線)と赤ライン(中期移動平均線)が
下向きになりトレンド決定。
日足の移動平均線が一旦、サポートラインとして機能している事に注目。


下落チャート・反発5

日足の移動平均線の上向きで勢いがあるため、一度、下降したが、大きなダブルトップを
形成して、また下落したパターン。
青ライン(短期移動平均線)と赤ライン(中期移動平均線)の傾きだけでも、かなり強烈な
下降トレンドが出来ている事に着目。


下落チャート・反発6

大きく下落する前の日足、4時間足の移動平均線の傾きが、ほぼ水平であったことに注目。


下落チャート・反発7

逆三尊のチャート形成して、青ライン(短期移動平均線)と赤ライン(中期移動平均線)が
下向きになりトレンド決定。灰色線(長期移動平均線)の傾きに注目。


下落チャート・反発8

ダブルトップのチャート形成後に青ライン(短期移動平均線)と赤ライン(中期移動平均線)が
下向きになった時点でトレンド決定。2つ目の山の時点で、短期、中期、長期の移動平均線が
下に傾いている事に注目。かなり仕掛けやすい相場。

上昇トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》上昇トレンドの起点チャート
1.反発チャート①
2.反発チャート②
3.反発チャート③
4.水平からの反発①
5.水平からの反発②
6.急反発チャート①


》》上昇トレンドの押し目チャート
1.押し目チャート①
2.押し目チャート②
3.押し目チャート③
4.押し目チャート④
5.ペナント・フラッグチャート
6.トレンドライン活用チャート
7.押し目・レンジチャート

下降トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》下降トレンドの起点チャート
1.反落チャート①
2.反落チャート②
3.レンジブレイク①
4.レンジブレイク②
5.急落チャート


》》下降トレンドの戻り売りチャート
1.戻り売りチャート①
2.戻り売りチャート②
3.上位足からの継承チャート①
4.上位足からの継承チャート②
5.ペナント・フラッグチャート


空白 bar

ページの上に戻る