ポンド円/FX問題集01

ポンド円問題集・01A

【ポンド円/問題 01】
上記の英ポンド円の日足・15分足のチャートにレジスタンス(上値抵抗線)とサポート(下値支持線)を記入して下さい。
★は現在の位置です。

回答例は、以下↓を参照して下さい。

空白

ポンド円チャート サポ・レジ 回答例

ポンド円問題集・01B

【回答例】
先のチャートに引いたレジスタンス(上値抵抗線)とサポート(下値支持線)の回答例は以下の通りです。

日足
A:直近の戻り高値
B:数日前に価格がもみ合って止まったところ
C:前日の安値
D:直近の安値

15分足
※1:レンジの上限(窓が開いたところ)
※2:レンジの下限


その後の動きは、以下↓の通りです。

空白

その後の経緯

ポンド円問題集・01C

価格は、※1とラインCのサポートでレンジ時様態となっていたが、やがて、ラインCのサポート近辺でトリプルボトムの
チャートを形成後、上昇に転じ、ラインBのレジスタンスまで上昇した。
ラインCからサポートされた時点で、1時間足チャートでダウ理論の上昇トレンドが継続になった事に注目。
また、その後、同様に※1のラインがサポートとなって、ダウ理論の上昇トレンドが継続になっている事に注目が必要。

★のところから、売り[ショート]を仕掛ける事は戦術として有りですが、ラインCで一旦、判断する事が必要です。
特にラインCでサポートされた時点で、ダウ理論の上昇トレンド継続が確認出来るので、ここの判断は重要です。


上記チャートは、1時間足と15分足を表示しています。
(水平ラインを引くときは、前後関係を分かりやすくする為に上位足チャートを表示しています)

空白

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 為替ブログ

空白バー

FX初心者・ブログランキング


DMM.com紹介   GMOくりっく証券紹介   外為ジャパン紹介

トレード関連ページ

→FXの取引時間帯
→経済指標
→エントリーポイント例
→波のペースを確認する
→ダウ理論とエントリー例
→MTF分析・活用例


→グランビルの法則
→ダウ理論
→エリオット波動
→フィボナッチ係数
→マルチタイムフレーム
→移動平均線分析
→ボリンジャーバンド分析
→MACD分析
→サポートライン
→レジスタンスライン
→ネックライン
→切り上げ・切り下げライン
→FX相場の用語集
→FX注文形式と使い方
→FXブログ・カテゴリーリスト


相場コンテンツ


FXチャート入門 FXチャート入門

FXの波の法則重要な波の法則

FX・テクニカル分析テクニカル分析

FX・ライン分析ライントレード

FX・資金管理資金管理(FX)

FX・取引ルール取引ルール

FX取引の検証トレードの検証

FX相場環境分析
相場環境分析

FX戦略と戦術戦略と戦術

FXのチャート例FX・チャート例

FX取引ノート例取引ノート実例集

FXの問題集FX問題集

ページの上に戻る