FX問題集/ドル円(日計り) 4

ドル円問題集・日計り問題4A

【問題 ドル/円 4】
上記の4時間足・15分足のチャートにレジスタンス(上値抵抗線)とサポート(下値支持線)を記入してみて下さい。
★は現在の位置です。

回答例は、以下↓を参照して下さい。

空白

サポート・レジスタンス 回答例

ドル円問題集・日計り回答4A

【回答例】
先のチャートに引いたレジスタンス(上値抵抗線)とサポート(下値支持線)の回答例は以下の通りです。

4時間足
A:チャート左側、高値の山頂圏
B:チャート左側、高値の山頂圏の肩口
C:チャート左側、戻り高値の山頂圏
D:何度も価格が止められているところ、チャート左側の谷底圏
E:直近の最安価格帯
①:直近のWボトム形状のネックライン、また、その前回の山の肩口で何度も価格がとめられているところ

15分足
※①:価格が大きく上に伸びた起点
※②:現時点のレンジの下限


その後の動きは、以下↓の通りです。

空白

その後の経緯

ドル円問題集・日計り経過4A

その後は、価格は、いったん上に伸びた後、Wトップを形成後、ライン①の近辺まで下落、
ライン①でトリプルボトムを作って、ラインCまで上昇した。
この日の重要なラインは、ライン①で、ここは過去に何度も価格が止められているラインだった。
また、15分足に追加した赤い追加線も、上抜けるまではレジスタンス、抜けてからはサポートとして
機能した重要なラインとなった。
ロンドン市場の開始後とニューヨーク市場の開始直後に価格が一度、大きく落とされている事にも着目。

※追加線は、当日の相場の動きの中で新たに発生した価格を追記したものです。

空白

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 為替ブログ

空白バー

FX初心者・ブログランキング


GMOくりっく証券紹介

トレード関連ページ

→FXの取引時間帯
→経済指標
→エントリーポイント例
→波のペースを確認する
→ダウ理論とエントリー例
→MTF分析・活用例


→グランビルの法則
→ダウ理論
→エリオット波動
→フィボナッチ係数
→マルチタイムフレーム
→移動平均線分析
→ボリンジャーバンド分析
→MACD分析
→サポートライン
→レジスタンスライン
→ネックライン
→切り上げ・切り下げライン
→FX相場の用語集
→FX注文形式と使い方
→FXブログ・カテゴリーリスト


相場コンテンツ


FXチャート入門 FXチャート入門

FXの波の法則重要な波の法則

FX・テクニカル分析テクニカル分析

FX・ライン分析ライントレード

FX・資金管理資金管理(FX)

FX・取引ルール取引ルール

FX取引の検証トレードの検証

FX相場環境分析
相場環境分析

FX戦略と戦術戦略と戦術

FXのチャート例FX・チャート例

FX取引ノート例取引ノート実例集

FXの問題集FX問題集

ページの上に戻る