FX・マルチタイムフレーム問題集15(経過確認)

マルチタイムフレームMFT15B

【問題15 経過確認】
先ほどラインを引いたチャートの、その後の動きは以下の通りです。

設定ライン例

A:4時間足、前回の戻り高値の山頂
B:4時間足、直近の高値、チャート左側の戻り高値の山頂
C:4時間足、直近の戻り山の谷底近辺、チャート左側の戻り高値の山頂
D:4時間足、直近の谷の肩口(逆三尊の肩口)、チャート左側では山の谷底、1時間足のネックライン
E:4時間足、直近の安値帯、チャート左側でも山の谷底
F:1時間足、直近の安値近辺で価格が止められたところ
※:赤い※は、価格がラインAを上に越えた時の目標

価格上昇時のアクション

 
1-1.ラインBのレジスタンスを突破
価格がラインBを上抜けしたら買いエントリー。目標はラインA、4時間足の赤い※、ロスはラインBの下あたり。
1-2.ラインCにサポートされ上昇
下げた価格がラインCから上に反発したら買いエントリー。目標はラインB、ラインA、ロスはラインCの下あたり。
1-3.ラインDにサポートされ上昇
下げた価格がラインDのサポートから上に反発したら買いエントリー。目標はラインC、ラインB、ロスはラインDの下。
1-4.ラインEにサポートされ上昇
下落した価格がラインEから上に反発したら、買いエントリー。目標はラインD。ロスはラインEの下。
1-5.ラインAのレジスタンスを突破
上昇した価格がラインAを突破してたら、買いエントリー。目標は4時間足の赤い※のところ、ロスはラインAの下。

価格下落時のアクション

 
2-1.ラインBのレジスタンスから下落
価格がラインBから下に動いた場合、売りエントリー。目標はラインC、ラインD、ロスはラインBの上。
2-2.ラインAのレジスタンスから下落
価格がラインAから下に動いた場合、売りエントリー。目標はラインB、ラインC、ロスはラインAの上。
2-3.ラインCのサポートから下落
価格がラインCから下に動いた場合、売りエントリー。目標はラインD、ラインE、ロスはラインCの上。
2-3.ラインDのサポートから下落
価格がラインDから下に動いた場合、売りエントリー。目標はラインE近辺、ロスはラインDの上。
2-4.ラインEのサポートから下落
価格がラインEから明確に下に動いた場合、売りエントリー。ロスはラインEの上。

その後の相場の動き

マルチタイムフレームMFT15C

その後は、ラインBまで反発する事なく、ラインCの近辺から少し上昇してから下落して行きました。
下落は、ラインDで反発して一度もみ合い、再び、ラインCまで急騰後、ラインF近辺の前回に価格が
もみ合ったところまで下落。ラインF近辺からは、ラインCを上抜けるほど上昇しました。
ラインCとラインFでレンジ相場になった見てもよさそうです。

上記のストーリーでは、
2-3.ラインCのサポートから下落
 ↓
1-3.ラインDにサポートされ上昇
 ↓
2-3.ラインCのサポートから下落
 ↓
ラインFから上昇(ストーリーに記載なし)
 ↓
1-3.ラインDにサポートされ上昇
 ↓
2-3.ラインCのサポートから下落
という内容で経緯しました。


この日は、ロンドン市場の開始直後、NY市場の開始直後が相場を決定付けています。
明日以降は、レンジ相場をブレイクして、4時間足以上の上位足の戻り売りが入ってくるか、
それとも、上に反発するかを確認する局面になりました。

 → 設問のページに戻る →

 → 取引結果に進む →

空白

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 為替ブログ

空白バー

FX初心者・ブログランキング


GMOくりっく証券紹介

トレード関連ページ

→FXの取引時間帯
→経済指標
→エントリーポイント例
→波のペースを確認する
→ダウ理論とエントリー例
→MTF分析・活用例


→グランビルの法則
→ダウ理論
→エリオット波動
→フィボナッチ係数
→マルチタイムフレーム
→移動平均線分析
→ボリンジャーバンド分析
→MACD分析
→サポートライン
→レジスタンスライン
→ネックライン
→切り上げ・切り下げライン
→FX相場の用語集
→FX注文形式と使い方
→FXブログ・カテゴリーリスト


相場コンテンツ


FXチャート入門 FXチャート入門

FXの波の法則重要な波の法則

FX・テクニカル分析テクニカル分析

FX・ライン分析ライントレード

FX・資金管理資金管理(FX)

FX・取引ルール取引ルール

FX取引の検証トレードの検証

FX相場環境分析
相場環境分析

FX戦略と戦術戦略と戦術

FXのチャート例FX・チャート例

FX取引ノート例取引ノート実例集

FXの問題集FX問題集

ページの上に戻る