FX・マルチタイムフレーム問題集11

FX問題集MFT11A

【問題11・設問1】
上記の4間足・1時間・15分足のチャートにレジスタンス(上値抵抗線)とサポート(下値支持線)を記入して下さい。
(★は現在の位置です)

問題の回答例は、以下の↓上値抵抗線と下値支持線・回答例を参照して下さい。

空白

上値抵抗線と下値支持線 回答例

FX問題集MFT11B

【回答例】
以下のラインが意識出来ればと思います。

A:4時間足の前回の高値の山頂、そして、大きく価格が下げられているところ
B:4時間足の前回の高値圏の山の肩口の上限
C:4時間足の前回の高値圏より大きく価格が下げられているところ
D:4時間足の前回の高値圏からの急落が落ち着いた価格帯(レンジの下限近辺)
※:ラインDを下回った時の目標値
①:1時間足、レンジが崩されて大きく下げたところ
②:1時間足、現時点のレンジの下限


【設問2】
次に、ラインを引いたチャートから、今後の相場の予測とプライスアクションを考えてください。

設問2の回答例は、以下↓を参照して下さい。

空白

相場予測とプライスアクション

下げてきた価格が上昇トレンドの押し目になるか、そのまま、下降トレンドに変化するかを見極める局面。
この時点で重要なラインは、ラインCとライン①のサポレジ、ライン②のサポートです。
ここからのストーリーとアクションは、以下が考えられます。

FX問題集MFT11B

ストーリー1.[価格が上昇する場合]
1-1.ライン②にサポートされ上昇
価格が、ライン②から上に抜けたら買いエントリー。第1目標はラインC、第2目標はライン①、
ロスカットはライン②の下あたり。
1-2.ラインCでレジスタンスされ反落
上昇した価格がラインCから反落したら売りエントリー。第1目標はライン②近辺。第2目標はその下のラインD。
ロスカットはラインCの上あたり。
1-3.ライン①でレジスタンスされ反落
上昇した価格がライン①から反落したら売りエントリー。第1目標はラインC近辺。第2目標はその下のライン②。
ロスカットはライン①の上あたり。
1-4.ラインBでレジスタンスされ反落
上昇した価格がラインBから反落したら売りエントリー。第1目標はライン①近辺。第2目標はその下のラインC。
ロスカットはラインBの上あたり。
1-5.ラインAのレジスタンスを上に突破
上昇した価格が、ラインAのレジスタンス近辺を上に抜けた場合、買いエントリー。
ロスカットは反発をしたところの下(ラインAの下)。


ストーリー2.[価格が下降する場合]
2-1.ライン②から下に移動
価格がライン②から下に動いた場合、売りエントリー。
価格目標はラインDのサポート近辺、ロスカットはライン②の上。
4時間足、日足は上昇目線なので、なかなか下げきらないかもしれません。
2-2.ラインDのサポートから反発
下がってきた価格がラインDから反発したら買いエントリー。
第1目標はライン②、第2目標はラインC、次がライン①、ロスカットは反発したところの少し下。
2-3.ラインDのサポートを下に抜ける
下がってきた価格がラインDから下に抜けた場合、売りエントリー。
この場合、1時間足でダウ理論の上昇トレンド継続が崩れた事になります。
(4時間足も崩れる可能性が高くなります、日足の目線は上です)
目標は、4時間足のオレンジの※のところ。ロスカットは反落したところの上(ラインDの上)


その後のチャートの動きは、次を参照して下さい。

 → その後のチャートの動きに進む →

空白

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 為替ブログ

空白バー

FX初心者・ブログランキング


GMOくりっく証券紹介

トレード関連ページ

→FXの取引時間帯
→経済指標
→エントリーポイント例
→波のペースを確認する
→ダウ理論とエントリー例
→MTF分析・活用例


→グランビルの法則
→ダウ理論
→エリオット波動
→フィボナッチ係数
→マルチタイムフレーム
→移動平均線分析
→ボリンジャーバンド分析
→MACD分析
→サポートライン
→レジスタンスライン
→ネックライン
→切り上げ・切り下げライン
→FX相場の用語集
→FX注文形式と使い方
→FXブログ・カテゴリーリスト


相場コンテンツ


FXチャート入門 FXチャート入門

FXの波の法則重要な波の法則

FX・テクニカル分析テクニカル分析

FX・ライン分析ライントレード

FX・資金管理資金管理(FX)

FX・取引ルール取引ルール

FX取引の検証トレードの検証

FX相場環境分析
相場環境分析

FX戦略と戦術戦略と戦術

FXのチャート例FX・チャート例

FX取引ノート例取引ノート実例集

FXの問題集FX問題集

ページの上に戻る