FX・マルチタイムフレーム問題集06(経過確認)

マルチタイムフレームMFT06B

【問題6 経過確認】
先ほど引いたラインから、チャートはどのように動いたでしょうか? ↑先ほどのラインを引いたたャートです。

【設定のライン】
A:4時間足の前回の高値圏
B:4時間足で前回の山の肩口で、価格が何回か止められているところ(チャート左でも同様に山の肩口になっている)
C:4時間足で、ラインBの次に価格が止められているところ(直近の谷、チャート左側でも価格が一時止められている箇所)
①:15分足のレンジの上限
②:15分足のレンジの下限、価格が何度も止められています。


【プライス・アクション】
ストーリー1.
上昇トレンドが継続する場合、
ライン②のサポートから反発したら買いエントリー。価格の到達目標はライン①、ロスカットはライン②の下あたり
買いエントリーが成功した場合、様子を伺いながら、一旦、ライン①近辺で決済してもOK

※そのまま上昇が続いてライン①を上抜いた場合、さらに買いエントリー
価格の到達目標は、ラインAのレジスタンスが第1目標、ロスカットはライン①の下
※さらに上昇が続いてラインAを上に抜いた場合、上抜け確認後に買いエントリー、ロスカットはラインAの下。


ストーリー2.
レンジ相場から下に抜ける場合、
ライン②のサポートを下抜いたら売りエントリー。価格の到達目標はラインB、ロスカットはライン②の上あたり
※そのまま下落が続いてラインBを割った場合、ラインCを目標に売りエントリー、ロスカットはラインBの上。
(下値が固そうなので、可能性は薄いかもしれません)

その後の相場の動き

マルチタイムフレームMFT06C

その後は、ライン②を一時下抜くが、抜けきれず上昇に転じた。
ロンドン市場開始直後のだまし下降とNY市場開始直後のだまし下降が大変いやらしいが、
結局場上昇トレンドが継続した。

ラインAは、1時間足・15分足で見ると、抜けきるまではレジスタンス、抜けてからはサポートに
なっている。
ライン①とライン②も、上に抜けてからはサポートになっている。
引いたラインは、サポートにもレジスタンスにも成りうる良い例だと思う。
(サポート・レジスタンスだけと決め付てはいけない)

なお、赤いライン(切り下げライン)は、上昇トレンドのエントリーを探すために追記した。

 → 設問のページに戻る →

 → 取引結果に進む →

空白

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 為替ブログ

空白バー

FX初心者・ブログランキング


DMM.com紹介   GMOくりっく証券紹介   外為ジャパン紹介

トレード関連ページ

→FXの取引時間帯
→経済指標
→エントリーポイント例
→波のペースを確認する
→ダウ理論とエントリー例
→MTF分析・活用例


→グランビルの法則
→ダウ理論
→エリオット波動
→フィボナッチ係数
→マルチタイムフレーム
→移動平均線分析
→ボリンジャーバンド分析
→MACD分析
→サポートライン
→レジスタンスライン
→ネックライン
→切り上げ・切り下げライン
→FX相場の用語集
→FX注文形式と使い方
→FXブログ・カテゴリーリスト


相場コンテンツ


FXチャート入門 FXチャート入門

FXの波の法則重要な波の法則

FX・テクニカル分析テクニカル分析

FX・ライン分析ライントレード

FX・資金管理資金管理(FX)

FX・取引ルール取引ルール

FX取引の検証トレードの検証

FX相場環境分析
相場環境分析

FX戦略と戦術戦略と戦術

FXのチャート例FX・チャート例

FX取引ノート例取引ノート実例集

FXの問題集FX問題集

ページの上に戻る