FX・マルチタイムフレーム問題集05(経過確認)

問題5で先ほど引いたラインから、チャートはどのように動いたでしょうか?
こちらは、先ほどのラインを引いた後のチャートです。
マルチタイムフレームMFT05B

【設定のライン】
A:4時間足の前回の高値圏
B:4時間足の前回上昇した価格が止められたところ(チャート左でも価格が止められている)
C:4時間足で、ラインBの次に価格が止められているところ
①:15分足のレンジの上限
②:15分足のレンジの下限、窓が開いているので、このラインは要注意


【プライス・アクション】
ストーリー0.
窓埋めが意識される場合、
ライン①の少し上までは、買いエントリー。目標のライン①到達後は、一度、決済をして様子見。


ストーリー1.
上昇トレンドが継続する場合、
ライン②のレジスタンスを上に越えてきたら買いエントリー。
価格の到達目標は、ライン①のレジスタンスが第1目標、ロスカットはライン②の下

※引き続き、上昇が続いてライン①を上に抜いた場合、上抜け確認後に買いエントリー、ロスカットはライン①の下。


ストーリー2.
しばらく下落が続く場合、
ライン②のレジスタンスから反落したら売りエントリー(ライン②に到達しない場合は、しばらく様子見)
価格の到達目標はラインB、ロスカットはライン②の上あたり

※そのまま下落が続いてラインBを割った場合、ラインCを目標に売りエントリー、ロスカットはラインBの上。
(下値が固そうなので、可能性は薄い)


一旦は、窓埋めをしてから動くと予想。その後、ライン①とライン②がサポレジとなってレンジ相場になる事も想定される。
また、ライン②とライン①の周りで、価格が上下する可能性あり。

その後の相場の動き

マルチタイムフレームMFT05C

その後は、価格は一度、窓埋めをしてからレンジになり、その後、ロンドン市場開始後にライン②のレジスタンスを抜け、
大き目の押し目を作った後に、再度、上昇してライン①のレジスタンスを抜けました。
さらにニューヨーク開始後、ラインAのレジスタンスも上に抜けていきました。

先ほどのストーリー0、そして、ストーリー1が有効だった事になります。
また、窓の近辺に引いたライン②は何度も意識されました。
上に抜けるまではレジスタンス、上に抜けてからはサポートとして機能しています。
(ラインAも同様な働きをしつつあります)

なお、取引終了後のチャートを見ると、マルチタイムフレーム分析(MTF分析)上では、
1時間足、4時間足の上昇ダウの押し目が作られたとも見ることが出来ます。
(その後の動きが上に伸びない場合は、Wトップを作った事になります)
 

 → 設問のページに戻る →

空白

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 為替ブログ

空白バー

FX初心者・ブログランキング


GMOくりっく証券紹介

トレード関連ページ

→FXの取引時間帯
→経済指標
→エントリーポイント例
→波のペースを確認する
→ダウ理論とエントリー例
→MTF分析・活用例


→グランビルの法則
→ダウ理論
→エリオット波動
→フィボナッチ係数
→マルチタイムフレーム
→移動平均線分析
→ボリンジャーバンド分析
→MACD分析
→サポートライン
→レジスタンスライン
→ネックライン
→切り上げ・切り下げライン
→FX相場の用語集
→FX注文形式と使い方
→FXブログ・カテゴリーリスト


相場コンテンツ


FXチャート入門 FXチャート入門

FXの波の法則重要な波の法則

FX・テクニカル分析テクニカル分析

FX・ライン分析ライントレード

FX・資金管理資金管理(FX)

FX・取引ルール取引ルール

FX取引の検証トレードの検証

FX相場環境分析
相場環境分析

FX戦略と戦術戦略と戦術

FXのチャート例FX・チャート例

FX取引ノート例取引ノート実例集

FXの問題集FX問題集

ページの上に戻る