FX・マルチタイムフレーム問題集02

マルチタイムフレームMFT02A

【問題2・設問1】
上記の4間足~15分足ののチャートにレジスタンス(上値抵抗線)とサポート(下値支持線)を記入してみて下さい。

問題2の回答例は、以下↓を参照して下さい。

空白

抵抗線と支持線 回答例

マルチタイムフレームMFT02B

【回答例】
以下のラインが意識出来ればと思います。

A:4時間足の前回の高値圏、かつ、1時間足の山頂
B:4時間足で何度も価格が止められているところ
C:4時間足の下限
①:1時間足の直近の高値
②:15分足のレンジの下限近辺


【設問2】
では、ラインを引いたチャートから、今後の相場の予測とプライスアクションを考えてください。

問題2の回答例は、以下↓を参照して下さい。

空白

相場予測とプライスアクション

この局面は、相場はレンジから上昇トレンドになりつつあります。重要なラインはAのレジスタンスと①の直近の高値、
そして、Bのサポートになります。
ここからのストーリーとアクションは、以下の通りが考えられます。


ストーリー1.
ライン①のレジスタンスを越えてきたら買いエントリー
価格の到達目標はラインA、ロスカットはライン①の下あたり


ストーリー2.
ラインBのサポートを抜けたら売りエントリー
価格の到達目標はラインC、ロスカットはラインBの上あたり


ストーリー3.
レンジ相場が継続すると考える場合、ライン①でレジスタンスされ下に戻ったら売りエントリー
価格の到達目標は★印のあるところが第1目標、次がラインC、ロスカットはライン①の上
 
その後のチャートの動きは、以下↓を参照して下さい。

空白

その後の相場の動き

マルチタイムフレームMFT02C

【その後のチャートの動き】
その後は、ライン①を抜けて、そのまま上昇トレンドを形成して、ラインAで一旦止められました。
先ほどのストーリー1が有効だった事になります。

今回は、上に抜けた後の逆行が大きいことから、エントリーポイントを間違えると、上昇トレンドとの読みが
当たっていながらロスカットに引っかかる事もありえます。
また、★印の時点では、日足、4時間足が下降トレンドを作っていて、移動平均線が上から下に覆いかぶさる
形状になりましたが、トレンド継続とならず、上昇に転じました。
上に抜けた後の逆行が大きいところは、この日足・4時間足の下降トレンド継続の売りが入ったところです。

15分足の押し目候補①:
赤い斜めのトレンドラインに接触したところは「押し目」の候補です。
ここはライン①のサポートされて上に伸びています。
価格目標はラインA、ロスカットはライン①の下。

15分足の押し目候補②:
ここは、次の条件がそろっています。
①前回の安値を下回らない、
②ダウ理論の上昇トレンドが継続している[ダウ理論の前回の安値を下抜いていない]
③トレンドラインと接触
④1時間足の短期移動平均線とクロスして上昇している
価格目標はラインA、ロスカットは赤い水平ラインの下。

空白

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 為替ブログ

空白バー

FX初心者・ブログランキング


DMM.com紹介   GMOくりっく証券紹介   外為ジャパン紹介

トレード関連ページ

→FXの取引時間帯
→経済指標
→エントリーポイント例
→波のペースを確認する
→ダウ理論とエントリー例
→MTF分析・活用例


→グランビルの法則
→ダウ理論
→エリオット波動
→フィボナッチ係数
→マルチタイムフレーム
→移動平均線分析
→ボリンジャーバンド分析
→MACD分析
→サポートライン
→レジスタンスライン
→ネックライン
→切り上げ・切り下げライン
→FX相場の用語集
→FX注文形式と使い方
→FXブログ・カテゴリーリスト


相場コンテンツ


FXチャート入門 FXチャート入門

FXの波の法則重要な波の法則

FX・テクニカル分析テクニカル分析

FX・ライン分析ライントレード

FX・資金管理資金管理(FX)

FX・取引ルール取引ルール

FX取引の検証トレードの検証

FX相場環境分析
相場環境分析

FX戦略と戦術戦略と戦術

FXのチャート例FX・チャート例

FX取引ノート例取引ノート実例集

FXの問題集FX問題集

ページの上に戻る