FX攻略ブログ・取引ノート59(初心者編)

FX攻略ブログ取引ノート59

4時間足の上昇ダウのラス押し目ラインと前回の最安値(レンジ下限)を割って下落。

一番良かったのは4時間足の上昇ダウのラス押し目ラインを割ったのを確認後、
売りポジションを建てて、そのまま、放置する戦術だった。

ロンドン市場の開始前後とNY市場の開始前後で大きく動いた。

エントリー条件
取引①
直前の安値帯を抜いたところでエントリー
15分足の上昇ダウの最後の山からの下落、
こういう場合、エントリーしても良いが、大抵、大き目の反発がある。
思惑とちがったら、すぐ決済して逃げる必要がある

取引③
エントリー後、一時、ロスカット近辺まで戻された。

取引④
直前の安値帯を抜いたところでエントリーしているが、この場合は、
下降トレンドを利用して、4時間足の上昇ダウのラス押し目ラインから反落したらエントリーしたい。

取引⑦
直前の安値帯を抜いたところでエントリー。
下がると思ってエントリーしたらレンジ状態となった。
当日締め切りの27:00がちかく、ポジションは翌日に持ち越したくない・・
この場合の逃げ方は、今後の課題となりそう。


沢山の売り注文をいれていて、あまりシンプル取引ができていない。
理想は、取引③から「レンジ下限」で一区切り、取引⑥から取引⑦で一区切りにしたい。

トレード成果
取引① 10:45~12:30    -2pips
取引② 14:00~16:15    -1pips
取引③ 17:00~17:45   +32pips (前後45pipsから反発)
取引④ 18:30~19:00   +18pips (前後34pipsから反発)
取引⑤ 19:30~20:45    -2pips
取引⑥ 22:30~23:30   +31pips (前後61pipsから反発)
取引⑦ 24:15~26:00    -7pips

空白

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村 為替ブログ

空白バー

FX初心者・ブログランキング


GMOくりっく証券紹介

トレード関連ページ

→FXの取引時間帯
→経済指標
→エントリーポイント例
→波のペースを確認する
→ダウ理論とエントリー例
→MTF分析・活用例


→グランビルの法則
→ダウ理論
→エリオット波動
→フィボナッチ係数
→マルチタイムフレーム
→移動平均線分析
→ボリンジャーバンド分析
→MACD分析
→サポートライン
→レジスタンスライン
→ネックライン
→切り上げ・切り下げライン
→FX相場の用語集
→FX注文形式と使い方
→FXブログ・カテゴリーリスト


相場コンテンツ


FXチャート入門 FXチャート入門

FXの波の法則重要な波の法則

FX・テクニカル分析テクニカル分析

FX・ライン分析ライントレード

FX・資金管理資金管理(FX)

FX・取引ルール取引ルール

FX取引の検証トレードの検証

FX相場環境分析
相場環境分析

FX戦略と戦術戦略と戦術

FXのチャート例FX・チャート例

FX取引ノート例取引ノート実例集

FXの問題集FX問題集

ページの上に戻る