下降トレンド・上位足の戻り売りエリア① 4H足

下落チャート・反発1

FXのチャート分析の資料です。ユーロ円・4時間足の過去の下降トレンド・上位足の
影響を受ける戻り売りエリアのチャートパターン①です。
下降トレンドの途中には、急に買い戻し注文が集まり、トレンドに逆行した流れが
発生する事があります。この場合、上位足の戻り売りの有無がトレンド継続を決定します。


チャート図のラインは、
青ライン:短期移動平均線(8期間)、赤ライン:中期移動平均線(20期間)、
灰色ライン(47期間)、ピンク破線(日足の移動平均線8期間)、
オレンジ色の破線(日足の移動平均線20期間)となります。


下落チャート・反発2

赤線(4時間の中期移動平均線)がトレンド継続を決定付けています。
パーフェクトオーダーの逆バージョンです。


下落チャート・反発3

上記のチャート同様ですが、今回は青線(4時間の短期移動平均線)がトレンド継続を
決定付けています。


下落チャート・反発4

赤線(4時間の中期移動平均線)がトレンド継続を決定付けています。
切り下げラインが有効な相場です。


下落チャート・反発5

赤線(4時間の中期移動平均線)がトレンド継続を決定付けています。
日足の移動平均線が、まだ上向きなので、下でサポートされ大きく戻っている事に注目。


下落チャート・反発6

灰色線(4時間の長期移動平均線)がトレンド継続を決定付けています。
何のサポートも無いのに大きく戻しています。切り下げラインが有効です。


下落チャート・反発7

灰色線(4時間の長期移動平均線)がトレンド継続を決定付けています。
チャートの前の部分で、ナイアガラの滝のような、垂直に近い下落をしているため、
その後、何のサポートも無いのに大きく戻しています。


下落チャート・反発8

上記、同様で垂直に近い状態で大きく下げたので、しばらくレンジ相場になった後で
大きく戻した後で、灰色線(4時間の長期移動平均線)や日足の短期移動平均線に
ぶつかってから、下方向のトレンド継続を決定されています。
垂直に近い状態で大きく下げた場合は、しばらくレンジ相場を作ってから下げる場合
もありますが、大きく戻してくる時もあるので注意が必要です。

上昇トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》上昇トレンドの起点チャート
1.反発チャート①
2.反発チャート②
3.反発チャート③
4.水平からの反発①
5.水平からの反発②
6.急反発チャート①


》》上昇トレンドの押し目チャート
1.押し目チャート①
2.押し目チャート②
3.押し目チャート③
4.押し目チャート④
5.ペナント・フラッグチャート
6.トレンドライン活用チャート
7.押し目・レンジチャート

下降トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》下降トレンドの起点チャート
1.反落チャート①
2.反落チャート②
3.レンジブレイク①
4.レンジブレイク②
5.急落チャート


》》下降トレンドの戻り売りチャート
1.戻り売りチャート①
2.戻り売りチャート②
3.上位足からの継承チャート①
4.上位足からの継承チャート②
5.ペナント・フラッグチャート


空白 bar

ページの上に戻る