下降トレンド・戻り売りエリア② 4H足

下落チャート・反発1

FXのチャート分析の資料、ユーロ円・4時間足の過去の下降トレンド・戻り売りエリア
のチャートパターン②です。
このチャートパターンは切り下げラインが有効です。


チャート図のラインは、
青ライン:短期移動平均線(8期間)、赤ライン:中期移動平均線(20期間)、
灰色ライン(47期間)、ピンク破線(日足の移動平均線8期間)、
オレンジ色の破線(日足の移動平均線20期間)となります。


下落チャート・反発2

日足の移動平均線と4時間足の移動平均線の傾きを利用しながらのエントリーです。
ここでは青線(短期移動平均線)で上ヒゲ狙いで行けそうですが、途中で大きな上昇ローソク・
ピンバーがあります。理不尽だけど、この状態になったらロスカットやむなしです。
気を取り直して、再度、切り下げラインでエントリーのパターン。


下落チャート・反発3

上記のチャート同様です。パーフェクトオーダーの逆バージョンです。


下落チャート・反発4

階段式に落ちていくパターンです。下げてからの戻しが比較的大きいので、
切り下げラインでタイミングを計るのがお勧めです。


下落チャート・反発5

Wトップを形成後、青ライン(短期移動平均線)と赤ライン(中期移動平均線)が、
下向きになり、下降トレンドになっています。日足の移動平均線がまだ上向きの
せいか、戻りの値幅が高く難しい相場です。
日足の移動平均線を割り込むまで、待つのが得策かもしれません。


下落チャート・反発6

4時間足の3本の移動平均線が下を向いてたパターンです。比較的、素直に落ちています。
切り下げラインが有効です。


下落チャート・反発7

上記同様ですが、日足の中期移動平均線が一時的なサポートになり、下降トレンドの途中で
フラッグを形成しています。

上昇トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》上昇トレンドの起点チャート
1.反発チャート①
2.反発チャート②
3.反発チャート③
4.水平からの反発①
5.水平からの反発②
6.急反発チャート①


》》上昇トレンドの押し目チャート
1.押し目チャート①
2.押し目チャート②
3.押し目チャート③
4.押し目チャート④
5.ペナント・フラッグチャート
6.トレンドライン活用チャート
7.押し目・レンジチャート

下降トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》下降トレンドの起点チャート
1.反落チャート①
2.反落チャート②
3.レンジブレイク①
4.レンジブレイク②
5.急落チャート


》》下降トレンドの戻り売りチャート
1.戻り売りチャート①
2.戻り売りチャート②
3.上位足からの継承チャート①
4.上位足からの継承チャート②
5.ペナント・フラッグチャート


空白 bar

ページの上に戻る