下降トレンド・戻り売りエリア① 4H足

下落チャート・反発1

FXのチャート分析の資料、ユーロ円・4時間足の過去の下降トレンド・戻り売りエリア
のチャートパターン①です。
戻り売りエリアのエントリーポイントを特定する事は難しいですが、切り下げラインを
利用するとエントリータイミングは計りやすくなります。
また、このチャートパターンの戻り売りの優位性は、各移動平均線の傾き具合で
確保されています。


チャート図のラインは、
青ライン:短期移動平均線(8期間)、赤ライン:中期移動平均線(20期間)、
灰色ライン(47期間)、ピンク破線(日足の移動平均線8期間)、
オレンジ色の破線(日足の移動平均線20期間)となります。


下落チャート・反発2

日足の移動平均線と4時間足の移動平均線の傾きを利用しながらのエントリーです。
ここでは青線(短期移動平均線)で上ヒゲ狙いで行けそうです。
パーフェクトオーダーの逆バージョンです。


下落チャート・反発3

上記のチャート同様ですが、このパターンは切り下げラインを使わないと取れない
パターンです。


下落チャート・反発4

4時間足の各3本の移動平均線の傾きを利用しながらエントリーです。
下向きのトレンドラインを引いて触れたらエントリーとするか、日足の移動平均線
を割った時点からエントリーするか・・案外、タイミングが難しいです。


下落チャート・反発5

Wトップを形成後、青ライン(短期移動平均線)と赤ライン(中期移動平均線)が、
下向きになり、トレンドになったチャート例。
日足の移動平均線が一時的なサポートになっている事に注目。


下落チャート・反発6

階段式に落ちている相場です。下落の途中で上昇フラッグを形成しながら落ちています。
切り下げラインが有効なチャートです。それ以外は、難しいです。
エントリーの場所を間違えるとパーフェクトオーダーの逆バージョンにも係わらず、
ロスカットが多発しそうな相場。


下落チャート・反発7

上記、同様で、下げトレンドなのに良く戻してくる相場です。
切り下げラインが有効で、それ以外は難しいです。エントリーの場所を
間違えるとロスカットが多発しそうな相場です。


下落チャート・反発8

大きく下げた後は、丁寧に切り下げラインで拾う相場です。
下げた後の戻しが大きいので、こまめなエクジットが必要です。

上昇トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》上昇トレンドの起点チャート
1.反発チャート①
2.反発チャート②
3.反発チャート③
4.水平からの反発①
5.水平からの反発②
6.急反発チャート①


》》上昇トレンドの押し目チャート
1.押し目チャート①
2.押し目チャート②
3.押し目チャート③
4.押し目チャート④
5.ペナント・フラッグチャート
6.トレンドライン活用チャート
7.押し目・レンジチャート

下降トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》下降トレンドの起点チャート
1.反落チャート①
2.反落チャート②
3.レンジブレイク①
4.レンジブレイク②
5.急落チャート


》》下降トレンドの戻り売りチャート
1.戻り売りチャート①
2.戻り売りチャート②
3.上位足からの継承チャート①
4.上位足からの継承チャート②
5.ペナント・フラッグチャート


空白 bar

ページの上に戻る