下降トレンドの起点・急落① 4H足

下落チャート・反発1

FXのチャート分析の資料、ユーロ円・4時間足の過去の急落のチャートパターンです。
下降トレンドの起点には、経済指標の発表などファンダメンタルズの変化により、
急落して、そのままトレンドに移行する場合もあります。


チャート図のラインは、
青ライン:短期移動平均線(8期間)、赤ライン:中期移動平均線(20期間)、
灰色ライン(47期間)、ピンク破線(日足の移動平均線8期間)、
オレンジ色の破線(日足の移動平均線20期間)となります。


下落チャート・反発2

大きな下降トレンドの底値近くで発生するパターンです。相場が少し上に向いていたが、
上位足の勢いに押され急落、その後、暫定的な回復をしているチャート例。


下落チャート・反発3

相場が荒れて大きく上向いたが(多分、指標の発表で急遽上に行った例)、その後、
上位足の勢いに押され急落、その後も、ダラダラと下落していくパターン。


下落チャート・反発4

上記と同様に、急遽、相場が大きく上に向いたが、上位足の勢いに押され急落、
その後、暫定的なレンジ相場となっている例。


下落チャート・反発5

Wトップを形成後、青ライン(短期移動平均線)と赤ライン(中期移動平均線)が、
下向きになり、急落したチャート例。


下落チャート・反発6

上記、同様、天井を付けた後、青ライン(短期移動平均線)と赤ライン(中期移動平均線)が、
下向きになり、急落したチャート例。
日足の移動平均線がサポートになっている事に注目。


下落チャート・反発7

上記、同様、天井を付けた後、青ライン(短期移動平均線)と赤ライン(中期移動平均線)が、
下向きになり、急落したチャート例。


下落チャート・反発7

Wトップを形成後、青ライン(短期移動平均線)と赤ライン(中期移動平均線)が、
下向きになり、急落したチャート例。
日足の移動平均線がレジスタンスになっている事に注目。

上昇トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》上昇トレンドの起点チャート
1.反発チャート①
2.反発チャート②
3.反発チャート③
4.水平からの反発①
5.水平からの反発②
6.急反発チャート①


》》上昇トレンドの押し目チャート
1.押し目チャート①
2.押し目チャート②
3.押し目チャート③
4.押し目チャート④
5.ペナント・フラッグチャート
6.トレンドライン活用チャート
7.押し目・レンジチャート

下降トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》下降トレンドの起点チャート
1.反落チャート①
2.反落チャート②
3.レンジブレイク①
4.レンジブレイク②
5.急落チャート


》》下降トレンドの戻り売りチャート
1.戻り売りチャート①
2.戻り売りチャート②
3.上位足からの継承チャート①
4.上位足からの継承チャート②
5.ペナント・フラッグチャート


空白 bar

ページの上に戻る