上昇トレンドの押し目チャート④ 4H足

上昇チャート・押し目チャート1

FXのチャート分析の押し目買いの資料として、ユーロ円・4時間足の過去のチャートです。
4時間足の移動平均線は、短期(8期間)と中期(20期間)が同じ方向に、ある程度大きな傾き
で進むと、日足の移動平均線の向きを変えるぐらい、かなり強烈なトレンドを描きます。
この2本の傾きは要注意です。


チャート図のラインは、
青ライン:短期移動平均線(8期間)、赤ライン:中期移動平均線(20期間)、
灰色ライン(47期間)、ピンク破線(日足の移動平均線8期間)、
オレンジ色の破線(日足の移動平均線20期間)となります。


上昇チャート・押し目チャート2

一般的なダウ理論の押し目パターン。下落が大きいので前回の高値を越えるまでは、
トレンド継続が確認しづらいパターン。


上昇チャート・押し目チャート3

日足の移動平均線をサポートラインとして反発したパターン。
4時間足の青ライン(短期移動平均線)と赤ライン(中期移動平均線)が一定の大きな傾きで
進んでいるので、上昇トレンドをしっかり形成しています。


上昇チャート・押し目チャート4

パーフェクトオーダーのパターンだが、上下の値幅の動きが激しい。
天井圏の付近によく見られるチャートパターンです。
下がる時は、かなり大きく下がるので要注意です。

上昇トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》上昇トレンドの起点チャート
1.反発チャート①
2.反発チャート②
3.反発チャート③
4.水平からの反発①
5.水平からの反発②
6.急反発チャート①


》》上昇トレンドの押し目チャート
1.押し目チャート①
2.押し目チャート②
3.押し目チャート③
4.押し目チャート④
5.ペナント・フラッグチャート
6.トレンドライン活用チャート
7.押し目・レンジチャート

下降トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》下降トレンドの起点チャート
1.反落チャート①
2.反落チャート②
3.レンジブレイク①
4.レンジブレイク②
5.急落チャート


》》下降トレンドの戻り売りチャート
1.戻り売りチャート①
2.戻り売りチャート②
3.上位足からの継承チャート①
4.上位足からの継承チャート②
5.ペナント・フラッグチャート


空白 bar

ページの上に戻る