上昇トレンドの押し目チャート② 4H足

上昇チャート・押し目チャート1

FXのチャート分析の押し目買いの資料として、ユーロ円・4時間足の過去のチャートを
掲載します。
4時間足は下位足の15分から5分足と異なり、トレンドの確認がしっかり出来ます。
ダマシもあまり発生しません。長期投資家、スイングトレーダーにお勧めの時間実です。
但し、この足で取引をする場合は、利益が大きくなる反面、ロスカット幅が大きくなる事
も考慮する必要があります。


チャート図のラインは、
青ライン:短期移動平均線(8期間)、赤ライン:中期移動平均線(20期間)、
灰色ライン(47期間)、ピンク破線(日足の移動平均線8期間)、
オレンジ色の破線(日足の移動平均線20期間)となります。


上昇チャート・押し目チャート2

日足の移動平均線の長期と短期の間にローソク足がある状態だが、両方のラインの
傾きは殆ど水平で効果は薄い。4時間の青ライン(短期)、赤ライン(中期)が上に
向いた時点でトレンド決定をした例。波の下にあるダブルボトムが安値切り上げ
をしている事に着目。また、灰色ライン(長期)に下げ勢いがあったため、反発した波に
対する押し目が、かなり深くなっている事にも着目。


上昇チャート・押し目チャート3

日足、4時間の移動平均線がローソク足の下にあるが、上下の変動が激しい。
しっかりと反発を待ってから押し目エントリーしないと、パーフェクトオーダーの
にも係わらず、損切りになりそうな相場。


上昇チャート・押し目チャート4

日足の移動平均線は関係なく、4時間足の短期・中期・長期でパーフェクトオーダー
の相場。日足の移動平均線がレジスタンスになっている事にも着目。


上昇チャート・押し目チャート5

上記と同様のパターンだが、今回は日足の短期移動平均線がサポートライン
になっている点に着目。


上昇チャート・押し目チャート6

上記と同様のパターンだが、今回は日足の短期移動平均線がサポートライン
(価格切り上げの補助)となっている点に着目。


上昇チャート・押し目チャート7

日足、4時間の全ての移動平均線がローソク足の下にあるが、上昇スピードが遅く
階段みたいな相場、エントリーと利益確定の両方ともタイミングが難しい。

上昇トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》上昇トレンドの起点チャート
1.反発チャート①
2.反発チャート②
3.反発チャート③
4.水平からの反発①
5.水平からの反発②
6.急反発チャート①


》》上昇トレンドの押し目チャート
1.押し目チャート①
2.押し目チャート②
3.押し目チャート③
4.押し目チャート④
5.ペナント・フラッグチャート
6.トレンドライン活用チャート
7.押し目・レンジチャート

下降トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》下降トレンドの起点チャート
1.反落チャート①
2.反落チャート②
3.レンジブレイク①
4.レンジブレイク②
5.急落チャート


》》下降トレンドの戻り売りチャート
1.戻り売りチャート①
2.戻り売りチャート②
3.上位足からの継承チャート①
4.上位足からの継承チャート②
5.ペナント・フラッグチャート


空白 bar

ページの上に戻る