上昇トレンドの起点・急反発① 4H足

上昇チャート・急反発1

トレンド転換には急落後に急反発をするパターンがあります。このチャートパターンは、
先の予測が立ちにくく、手が出しづらく難しい相場と言えます。
また、この相場では損切りの幅も大きくなりますが、トレード成功時の利益も大きくなる
特徴があります。


青ライン:短期移動平均線(8期間)、赤ライン:中期移動平均線(20期間)、
灰色ライン(47期間)、ピンク破線(日足の移動平均線8期間)、
オレンジ色の破線(日足の移動平均線20期間)です。


上昇チャート・スムーズ2

日足の移動平均線は大きく上にありますが、あまりにも下落が大きかったので、
一旦、反発をしたパターン。日足の移動平均線の下方向への勢いがあるので、
やがて、戻り売りに合い、再度、下落する事が予想される。


上昇チャート・スムーズ3

大きく下落したが、あまりにも下落が大きかったので、大きな下ヒゲをつけて
戻したパターン。この下ヒゲは相場用語では「ピンバー」といいます。
大きな下落があった場合、下方向への勢いが止まらず、初回の押し目の戻しが、
かなり深くなる点にも注目。
(このチャート図では、ほぼ100%戻しをしてから上方向に抜けています)

上昇トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》上昇トレンドの起点チャート
1.反発チャート①
2.反発チャート②
3.反発チャート③
4.水平からの反発①
5.水平からの反発②
6.急反発チャート①


》》上昇トレンドの押し目チャート
1.押し目チャート①
2.押し目チャート②
3.押し目チャート③
4.押し目チャート④
5.ペナント・フラッグチャート
6.トレンドライン活用チャート
7.押し目・レンジチャート

下降トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》下降トレンドの起点チャート
1.反落チャート①
2.反落チャート②
3.レンジブレイク①
4.レンジブレイク②
5.急落チャート


》》下降トレンドの戻り売りチャート
1.戻り売りチャート①
2.戻り売りチャート②
3.上位足からの継承チャート①
4.上位足からの継承チャート②
5.ペナント・フラッグチャート


空白 bar

ページの上に戻る