上昇トレンドの起点・スムーズチャート① 4H足

上昇チャート・スムーズ①

トレンド転換には、少し長めのレンジ相場からのプレイクがあります。
この場合、大きく上抜けしやすく、またトレンド開始が分かりやすい特徴があります。


青ライン:短期移動平均線(8期間)、赤ライン:中期移動平均線(20期間)、
灰色ライン(47期間)、ピンク破線(日足の移動平均線8期間)、
オレンジ色の破線(日足の移動平均線20期間)です。


上昇チャート・スムーズ2

日足の移動平均線が下にあり下支えとなり、青ライン(短期)と赤ライン(中期)が上向き、
そのままトレンド転換。トレンド転換後すぐにパーフェクトオーダーの状態を形成。


上昇チャート・スムーズ3

上記と同様のパターン。日足の移動平均線が上向きの相場状況が4時間の移動平均線の
下支えに大きく貢献。


上昇チャート・スムーズ4

上記と同様のパターン。日足の移動平均線が上向きの相場状況が4時間の移動平均線の
下支えに大きく貢献。この図形は押し目買いでも、よく発生するパターン。


上昇チャート・スムーズ5

日足の移動平均線の下支えに対して、青ライン(短期)、赤ライン(中期)がほぼ水平向き、
やがて上向きトレンド転換したが、急に上がったため、その後大きく反落。


上昇チャート・スムーズ6

上記と同様のパターン。この形状は天井圏に多く見られる。一旦大きく上がったが、
その後は値動きがあらく、手が出しにくい相場となっている。


上昇チャート・スムーズ7

青ライン(短期)と赤ライン(中期)が水平から上向き、そして灰色ライン(長期)も水平
から上向きと、ゆっくりと上昇トレンドに転じたパターン。
日足の移動平均線が上にあるが、ローソク足の下には重要な節目のサポートラインも
存在している。

上昇トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》上昇トレンドの起点チャート
1.反発チャート①
2.反発チャート②
3.反発チャート③
4.水平からの反発①
5.水平からの反発②
6.急反発チャート①


》》上昇トレンドの押し目チャート
1.押し目チャート①
2.押し目チャート②
3.押し目チャート③
4.押し目チャート④
5.ペナント・フラッグチャート
6.トレンドライン活用チャート
7.押し目・レンジチャート

下降トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》下降トレンドの起点チャート
1.反落チャート①
2.反落チャート②
3.レンジブレイク①
4.レンジブレイク②
5.急落チャート


》》下降トレンドの戻り売りチャート
1.戻り売りチャート①
2.戻り売りチャート②
3.上位足からの継承チャート①
4.上位足からの継承チャート②
5.ペナント・フラッグチャート


空白 bar

ページの上に戻る