上昇トレンドの起点・反発チャート② 4H足

上昇チャート・反発①

FXのチャート分析の資料として、ユーロ円・4時間足の過去のチャートを掲載します。
4時間足のチャートは15分チャートのような下位足と違い、ダマシが少なく
トレンドが分かりやすい特徴があります。


青ライン:短期移動平均線(8期間)、赤ライン:中期移動平均線(20期間)、
灰色ライン(47期間)、ピンク破線(日足の移動平均線8期間)、
オレンジ色の破線(日足の移動平均線20期間)です。


上昇チャート・反発1

各移動平均線を下支えにしながら反発、青ライン(短期)と赤ライン(中期)が上向いた時点で
トレンド決定。移動平均線の傾きがなだらかになりつつあった点に注目。


上昇チャート・反発2

日足の移動平均線が下にあり、支えられるところで、青ライン(短期)と赤ライン(中期)
が上向き、そして、灰色ライン(長期)が水平の時点でトレンド決定。
パーフェトクオーダーを形成。


上昇チャート・反発3

日足の移動平均線は上だが、傾きがなだらか、青ライン(短期)と赤ライン(中期)が上向き、
そして、灰色ライン(長期)が水平になった時点でトレンド決定。
その後、パーフェトクオーダーを形成。


上昇チャート・反発4

上記と同様、青ライン(短期)と赤ライン(中期)が上向き、そして、灰色ライン(長期)が
水平になった時点でトレンド決定。その後パーフェトクオーダーを形成。


上昇チャート・反発5

日足の短期線と長期線に囲まれたところにローソク足があるパターン。
青ライン(短期)と赤ライン(中期)が上向きになった時点でトレンド決定。


上昇チャート・反発6

ダブルボトムを形成後にトレンド転換。前回のボトム部分では、まだ下降の
勢いがあった為、初回の反発に対して深い押し目を形成した。


上昇チャート・反発7

日足の短期線と長期線、そして、青ライン(短期)と赤ライン(中期)がバラバラのパターン。
トレンド転換しているが、分かりにくい相場。強いて上げれば青ライン(短期)と
赤ライン(中期)の上昇がシグナル。

上昇トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》上昇トレンドの起点チャート
1.反発チャート①
2.反発チャート②
3.反発チャート③
4.水平からの反発①
5.水平からの反発②
6.急反発チャート①


》》上昇トレンドの押し目チャート
1.押し目チャート①
2.押し目チャート②
3.押し目チャート③
4.押し目チャート④
5.ペナント・フラッグチャート
6.トレンドライン活用チャート
7.押し目・レンジチャート

下降トレンド(4時間足)・関連ページ

 
》》下降トレンドの起点チャート
1.反落チャート①
2.反落チャート②
3.レンジブレイク①
4.レンジブレイク②
5.急落チャート


》》下降トレンドの戻り売りチャート
1.戻り売りチャート①
2.戻り売りチャート②
3.上位足からの継承チャート①
4.上位足からの継承チャート②
5.ペナント・フラッグチャート


空白 bar

ページの上に戻る